· 

長柄桜山古墳群

-ながえさくらやまこふんぐんー


現存する県内最大級の二基(第1号墳全長90m,第2号墳全長88m)の前方後円墳からなる古墳群で,出土した埴輪片の年代観から四世紀半ばから後半に築造された前期古墳。東海地方から連続して畿内政権の勢力拡大を示唆する古墳として注目される。

 

   >散策マップ《長柄》12番

   参考:神奈川県の文化財   

古墳現地説明会2006.09.09   

写真提供:横山