· 

逗子駅ギャラリーに葉山手工芸連盟の作品が展示!

葉山町文化協会(会長・伊東宥子さん)に参加している葉山手工芸連盟(会長・小島成子さん)は、JR逗子駅ホーム(一番線)のギャラリーに7月20日(金)から会員の手工芸作品を展示しています。

 このギャラリーは今まで逗子市文化協会のみでしたが、伊東会長のたび重なる交渉によって、逗子市文化協会と隔月交代で展示することが実現しました。

 第一回目の展示は、水墨画でしたが、今回はリボンフラワー、ビーズ、和紙工芸など8人の作品が展示されています。

以下にその作品をご紹介しましょう。

手工芸連盟の会員は現在38名、23年前に葉山文化協会がスタートしたときから参加しています。

今回の会期は7月20日(金)から8月20日(月)までですが、後半の8月6日(月)からは新たに8人の会員の作品が展示されます。

駅構内のキオスク脇のギャラリーですので、素通りしてしまう人が多いのですが、ぜひ足を止めて注目してください。

 

                                  (文/写真 柳川)