· 

第14回「トーマス鍼灸院」の先生、トーマスさん

2月10日(金)のきらく座は「トーマス鍼灸院」のトーマス・ブラゼイェービッツさん。

ドイツ生まれ。日本に来て今年で38年、日本の鍼灸資格を得て30年以上の臨床経験があります。小さい頃、お兄さんが柔道,合気道をはじめた。トーマスさんは勝ち負けは性に合わず、勝ち負けにこだわらない合気道をはじめ、やがて先生になれるぐらいになった。

ある日、テレビのドキュメンタリーで弓道をみて、本場の先生に習いたくなり日本へ。

そして、手に職を持ちたくて鍼灸の道に進み、現在に至る。

本業は翻訳で鍼灸は天命でやっている。モットーは「患者を来させないのは私の仕事」と言う。つまり、治療行為を「営業・集客・ビジネス」と捉えず、病人を治す(通わせるのではない)に全力を尽くしている。

東洋医学は本来「人」を診るもの。

治療には必要な手段を全部使い、全身を診るため必要な時間をかけている。

 

3月10日(金)のきらく座は加々尾泰郎さんです。

「葉山ホタルの会」を創設され、二子山山系自然保護協議会でもユニークなスタンスで活動されています。

今回は「ホタルの会」創設当時のことを中心にお話を聞きます。

 

4月14日(金)のきらく座は森詠さん(堀内在住)です。

作家である森さんは地場産業にも尽力されています。

予約は不要、誘い合わせてお越しください。

参加費:まちづくり館特製コーヒー代50円