· 

オリーブ講習会

平成14年に町制80周年を記念して「葉山・花と緑のまちづくりを進める会」が湘南国際村に80本のオリーブの木を植樹した。

オリーブの木は、葉山町と姉妹都市であるオーストラリア・ホールドファストベイ市との友好交流の発展を願い、町役場入口の花壇にも記念植樹されている。

11月13日、一色のトントン工房2階でオリーブオイルソムリエの直井敬子さんをお招きして国際村のオリーブを使った「オリーブ講習会」が行われた。

ボトルも趣向を凝らしたデザインの物が並び、まるでワインボトルのよう。

5種類のオリーブオイルをテイスティングさせていただくと、それぞれ異なった風味が感じられて、果汁であることを実感。


テーブルの上にはオリーブ柄のペーパーナプキン、オリーブの小枝で飾られたオレンジのナプキン、あく抜きをされた塩漬けオリーブの実などが並び、見ているだけでオリーブの魅力がじわじわと感じられた。

 

オリーブの木の育て方、剪定、実の利用、オリーブオイルができるまで等のお話を聞いていると、ますますオリーブに興味がわいてきた。


取材:増岡貴子