· 

あじさい植樹

10月28日(月)「葉山・花と緑のまちづくりをすすめる会」は「かながわトラスト緑財団」」から苗木の配布を受け、「葉山町都市計画課」が協力し、あじさい公園にあじさいの苗120本の植樹をしました。これからもあじさい公園の再生に協力していきます。あじさいは6月下旬~7月はじめに見頃を迎えます。「22年には虫(ハバチの幼虫)による被害がひどくて23,24年には薬剤の散布や手作業で虫を取ったところその効果があり 3年前より被害は少なくなったが、今後も対策を考えなくてはなりません」と役場の方。

当団体ではトントン工房に沈丁花10本、金木犀10本、一色第四町内会の皆さんと一色公園入口にいろはもみじ、金木犀、沈丁花、計31本の植樹を致しました。

あじさい公園はあじさいの季節だけではなくここに来れば江ノ島から富士山が見られ、思わず「ああ!きれい!」と言う言葉が出て来ます

掘ってみたら思いのほか土が硬くて掘る作業は役場の男性陣が担当植える作業を女性陣と役割分担。

ポットからあじさいの苗を取り出し、固まってる(ひげね)をほぐして土の中へ、いざ作業し始めると意外としっかりと(ひげね)が詰まっていてほぐすのも大変です


ここは山の上だけあり斜面も多く、この写真で勾配があまり分かりませんが、結構角度があり、女性陣はギブアップ。

役場の方たちに。

今回植えられた苗木。

苗木を植える場所には役場の方たちが今朝、目印に上の方を赤く塗った割り箸を付けておいてくれました。

 


「葉山・花と緑のまちづくりをすすめる会」代表者の永井龍子さん。

当団体は 花と緑を活かした生活環境づくりを目指し、植樹・環境保護活動などを実施している「まちづくり協会」の登録f団体です。逗葉新道沿い「南郷花ひろば」に春はポピー、秋にコスモスの花はこの団体の方たちがしています。

興味のある方は何時でもお問合せください。

植樹した翌日は運よく雨。苗木には幸運でした。山の上なので虫の被害はどうしても避けられません。どうぞ来年は見事な花を咲かせてくれますように!

 

              取材:沢坂淳子、山渕喜美子