· 

葉山ツナガル広場

3月24日(日)葉山小学校校庭で、「東日本大震災から2年、葉山で何ができるかを考えよう!」と東北を支援したいと望んでいる仲間たちが楽しい広場を開きました。

ハートニットプロジェクト(岩手県):仮説住宅に住む女性が編んだニット製品。売上はそっくり編んだ人に届きます。

女川のおばあちゃんたちがTシャツから作った布草履。HSVN(葉山災害ボランティアネットワーク)が材料となるTシャツを集め、製品の販売も支援しています。

会津産お野菜の販売。


瓦礫で作ったとてもきれいなキーホルダー。「瓦Re:KEY HOLDER」。(岩手県陸前高田市)

ワークショップもいろいろある。これは女川のおばあちゃん達に教えてもらう「布草履づくり」。

福島で被災した犬たちの新しい飼い主をさがしています。KDPじょうとかい(神奈川ドッグプロテクション)


桜が満開の好天に恵まれ大勢の人が楽しみました。

 

主催:葉山つながる広場実行委員会

問い合わせ:NPOオーシャンファミリー海洋自然体験センター

取材:鈴木桂子