· 

親子でクッキング

8月11日(水)葉山町保健センターで「夏休み 親子でクッキング」が開催され、町内から9組21名の親子が参加しました。指導は葉山町食生活改善団体、若宮会の方々です。

 この日、挑戦するメニューは「ニコニコピザ」「マヨ風味おさかなホイル焼き」「かぼちゃの冷たいスープ」「ミルクゼリー」の4品。

 なれない手つきの子も、手なれた包丁さばきの子も、みんな真剣に料理に取り組みました。初対面の人とのグループ作業で、はじめは少し硬かった表情も、たくさんの仕事を一緒にして料理が完成するころには打ち解けた雰囲気になりました。みんなでおいしく楽しいランチをいただき、良い体験になったようです。


まず、きちんと手を洗います。

ピザ生地をこねます。粉、塩、砂糖、イーストをいれ、温水とオリーブ油を注ぎよく混ぜ、なめらかになるまでこねます

たくさん玉ねぎを切りました。ピザ、お魚ホイル焼き、スープの3品すべてに玉ねぎが必要です。目にしみて大変そう。



かぼちゃと玉ねぎをいためてスープに。なれた手つきです。

お魚(サワラ)に塩、コショウします。加減がむずかしいですよね。

洗いものも大事な仕事です。



30分発酵して大きくなったピザ生地をたたいてガス抜きし棒状に丸めます。

人数分に切って丸めます。緑色のエプロンをつけているのは指導の若宮会の方です。

手のひらでのばしてから、菜ばしを使って薄くのばします。



生地にピザソースを塗り、玉ねぎ、チーズをのせ、オリーブで目、赤ピーマンで口、サラミでほっぺを作ります。

オーブンで焼いて完成。ニコニコです!

いただきま~す。

自分たちで作ったものは最高ですね。

記者もご相伴にあずかりました。とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。

 

取材:鈴木桂子