· 

葉山マラソン2010

 2010年6月13日(日)第35回葉山町町民健康マラソン大会が南郷上ノ山公園で行なわれました。

 梅雨入り前の晴れ間、くもり空で風もあり気温高すぎず好条件。主催の葉山町陸上協会によれば、過去最大、小学生122名、中学生・一般88名で210名の参加者が健脚を競いました。小学3年から最高齢は76歳。76歳の松谷吉雄さんは6月20日に77歳になるので背中に”喜寿”のゼッケンをつけて見事に完走、親子3代の参加でした。 
 スタッフは全員ボランティアで準備段階から楽しく協力していました。マラソンを多くの人に知ってもらい気軽に楽しく参加し、人とのつながりを深め、町づくりに役立てたいとの目的なので、幅広い年代の人に参加してもらえるよう、比較的短い距離で安全な南郷上ノ山公園で、学年別、年代別の大会にしたということです。
 最近は親子で参加する人も増えたとか。走りおわった時、親から子へ“よくがんばった”の言葉がかけられ、また子どもが、あとから走る父親に“パパがんばれ”の声援をおくる姿も見られました。

 

〈小学生の部〉9:40~
 南郷上ノ山公園、外周2周1.5kmを走ります。
 沿道に家族の声援。
 真剣な表情でスタートし、泣きそうな顔で必死に走る子も。







 

 

 葉山御前太鼓の勇壮な応援。ほら貝もひびく力強さ。











 

 真剣に走る子に沿道から大きな声援











 

 〈中学生以上の部〉
 10:00~
 南郷上ノ山公園外周4周3km。
 中学生はさすがに足も長くパワフル。トップの中学生は10分04秒でゴール








 

 中学生から成人の走る姿に子どもたちも拍手して応援











 

 完走してうれしそうにテープを切る人にあたたかな拍手











 

 仲良く手をとりあってゴール!











 

 表彰式
 小学3,4年生、小学5,6年生、それぞれ男女6位までメダルが授与されます。










 

 35回大会記念会長杯が男女それぞれトップの成績の人に授与されました















 

 賞に入らなかった人にも全員に記録証がわたされます。








 



代表の中川さんのお話。

 1月に開催の駅伝の時にはコーラスを頼み町歌をうたってもらった。今回は御前太鼓の人たちの協力を得た。走るだけでなく、いろいろな活動をしている人たちが集まってコラボする楽しさ。葉山町だからできることをしたい。皆がよろこんで集まり協力しあい楽しいイベントとなった。      

取材:岡田裕恵