葉山情報

葉山情報 · 2011/12/05
現存する県内最大級の二基(第1号墳全長90m,第2号墳全長88m)の前方後円墳からなる古墳群で,出土した埴輪片の年代観から四世紀半ばから後半に築造された前期古墳。東海地方から連続して畿内政権の勢力拡大を示唆する古墳として注目される。

葉山情報 · 2011/12/04
通りに西面して車寄せを構えた南北棟と北側で直行する東西棟とがL字型に連なる。南北棟は二階を広間とし、東西棟は各階とも小部屋に分け、老舗旅館の面影を残す。

葉山情報 · 2011/12/01
石蔵は客室棟の南方に所在し、房州石で積み上げた重厚な外壁や道路側の二階開口両側の半円柱の柱型が特徴である。

葉山情報 · 2011/12/01
分類/区分 県指定文化財 有形文化財 建造物 所在地   上山口1368 所有者等   新善光寺 指定年月日 四脚門     昭和39年12月15日 員数 1棟      本堂附厨子  昭和47年11月24日 員数 1棟/1基  新善光寺は浄土宗の寺院であって「新編相模国風土記稿」によればかまくらの名越から移った寺であると伝えるが詳しい事は不明である。...